© 2015 by 医療法人 壮士会

 

      尖圭コンジローマとは

尖圭コンジローマは、性器や肛門のまわりにイボができる疾患で、低リスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症で、大部分が性交あるいはその類似行為で感染します。
HPVは接触により、皮膚や粘膜の微小な傷から侵入し、分裂可能な細胞に感染します。感染後、視診で確認できるまでに3週間〜8ヶ月(平均2.8ヶ月)を要するので、感染機会を特定することは難しくなります。
感染部位は、男性では、亀頭の先端部分や冠状溝といわれる辺りがおおく、次に包皮の内側や外側、陰嚢、陰嚢と肛門の間、尿道口、肛門になります。女性では、外陰部、膣、子宮頸部、肛門にみられ、それらに乳頭状腫瘍が多発します。
イボの色は白〜褐色までさまざまで、時には黒色になることもあります。大きさはだいたい1〜3mm程度が多くみられ、乳頭状のほか、ニワトリのトサカやカリフラワーのような状態になることもあります。

HPVには良性型と悪性型のウィルスがあり、尖圭コンジローマの多くは良性型のウイルスが原因ですが、ごく少数に悪性型を合併することがあります。
この悪性型のHPVに感染していると男性は陰茎がんになり、同じウィルスを女性に感染させると子宮頸がんを引き起こします。

尖圭コンジローマに感染すると、HIV感染率が10倍以上高まる可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

 

症状

尖圭コンジローマの病原体は、低リスク型ヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)になります。 感染から3ヶ月経過すると、陰茎の亀頭やその周囲、包皮や陰裏などに乳頭状、鶏冠状のイボができます。 また、肛門周囲や肛門内、尿道口にも感染し、尿道や直腸内部にも発生する場合もあります。

 

感染経路と感染部位

大部分が性交あるいはその類似行為で感染します。

外陰部、肛門、肛門内、尿道口、膣、子宮頸部。

 

 

潜伏期間

3週間〜8ヶ月(平均2.8ヶ月)。

 

 

検査方法と検査ができる時期

一般的には肉眼的に診断がつきます。患部をこすって検査します(自費で、9,000円)。

感染機会から3日以上経過で検査可能です。

 

治療

軟膏 (イミキモドクリーム)の処方。

液体窒素による凍結療法、外科的切除が必要な場合、連携病院に紹介します。